老犬介護士

老犬のお世話をする老犬介護士になるには?

老犬のお世話をする老犬介護士になるには?

犬の長寿化が進む中で、痴呆、介護、寝たきりなどの課題が増えています。家族が日中は仕事で留守のする場合や専門的な知識がないという場合に家族とともに老犬のお世話をするプロが必要という声を受け、老犬介護士という仕事が誕生しました。

老犬に実際に触れ、お世話をすることが必要

老犬介護士という職業はペット業界の中でも比較的新しい分野の職業です。その為、一部の専門学校や通信講座で認定資格の発行はされているものの、まだまだ十分な経験、知識を持つ方が不足していることが現状です。

今後、ますます老犬介護の必要性が高まるとされている中で、この職業を目指す場合は
・専門学校で講義、講座を受ける
・資格を取得する
・老犬介護施設で実務経験を積む
という方法が必要です。
もちろんすべて民間団体の認定資格ですから、必ずしも老犬に特化した資格を取得する必要はありません。
トリマー、トレーナー、動物看護士といった分野の学習、資格、実務経験を生かしたうえで、老犬介護という分野の仕事を始めることも可能です。
老犬の介護、お世話をするには、若く、健康な犬のお世話をする時以上にきめ細かな経験、気配りが必要とされます。
幅広い分野の勉強、経験が必ず役立つでしょう。

お手入れ、健康管理など幅広い内容の知識が必要

老犬の介護は大抵の場合、まずは家族だけで取り組もうとします。しかし次第に家族が十分な時間をさけない、シャンプーなどのお手入れが行き届かない、健康管理、食事管理に不安を感じるという声が大きくなり、プロへ依頼が届きます。

その為、単に教科書やWEBで習得した知識だけでは不十分で、それぞれの犬、家庭にあったケアの方法を提案することも求められます。
例えば
・高齢になり寝たきりの犬をシャンプーしてあげたい
・トイレの排泄の失敗を何とか衛生的に対処してあげたい
・自力歩行はできないけれど散歩に連れ出してあげたい
・夜泣き、遠吠えを改善したい
・食欲不振を改善してあげたい
・飼い主に変わって定期的な通院をしてほしい
など仕事の内容は多岐にわたります。
老犬介護施設に就職をした場合は、24時間交代制勤務が必要になることもあります。老犬介護の仕事はペット業界の中でも華やかな仕事ではありませんが、動物への不快愛情と飼い主さんへの共感が求められるプロとしてやりがいの感じられる仕事です。

それぞれの犬と接し、お世話を経験することで、次第に自分なりのマニュアルが出来、寄り寄り介護ができるようになるので前向きに取り組むことが大切です。

関連ページ

  1. ブリーダー

    子犬の繁殖 ブリーダーになるには?

  2. 動物取扱業取得

    動物取扱責任者を取得するためには?

  3. ペット業界にはどんな求人の仕事があるの?

  4. ワンちゃんのお預かりペットシッターになるには?

  5. 獣医師になるために。

    ペットの命を守る獣医師になるには?

  6. トリマー

    ペットの美容師 トリマーになるには?