ワンちゃんのお預かりペットシッターになるには?

ワンちゃんのお預かりペットシッターになるには?

ペットホテルに預けるのはかわいそう、留守中の愛犬のお世話、散歩代行を依頼したいなど、今ペットシッターを利用したいと考える飼い主さんが増えています。大好きなペットのお世話を代行する仕事であるペットシッターになるための方法は下記の通りです。

特別な資格はありませんが、行政への届け出は必要です

ペットシッターとしての独立開業や就職には、必須となる特定の資格制度がありません。これは日本ではまだ仕事としての件数が少ない上に、仕事内容が多岐にわたることも関係しています。
その為、ペットシッターの仕事は
・トリマー、トレーナーが副業として行う
・有名店のフランチャイズ店舗として活動をする
・個人で近隣地域を中心に活動をする
という方法が主流です。
つまり犬の扱いにある程度の経験と知識がある方であれば、仕事として始めることも可能です。
ただし、独立開業をする場合は、開業にあたって自治体へ届け出をし、許可を得る必要があります。

ペットシッターの仕事はトリマー、とれなーよりも仕事内容が身近で簡単だというイメージがあり、今開業、就業希望者が増えています。ただ飼い主不在の状況でペットを預かり、散歩に連れ出す、お世話をするという事は、実はとても難しく、細やかな気配り、目配りが必要とされる仕事でもあります。

仕事として始めたいという場合には、まずは専門的な知識の習得から始めましょう。

犬に関する基礎知識、経験が必要です

ペットシッターに必要な知識、経験を習得するためには
・専門学校へ進学をする
・認定資格発行団体の講義、講座を受講する
・ペットシッター派遣、運営会社に就職をし、仕事をしながら経験を積む
という方法があります。
自身のペットでない犬を扱うという事、初対面の犬にスマートに接するという事は決して簡単なことではありません。
仕事を始めるにあたっては、本やマニュアル、WEBで得た知識だけでは不十分で、実際に犬に触れ、犬のサイズ感、重量感、力の強さを実感し、スムーズに扱うすべを身に着ける必要があります。
そのためには、ペットショップやペットシッター派遣企業などでアルバイト経験を積むこともとても有意義な経験になります。

ペットシッターになるためには、飼い主さんとの信頼関係構築が一番大切

ペットシッターという職業は日本ではまだまだ普及率の低い分野です。その理由は、飼い主の留守宅へ訪問をすること、鍵を預けることに抵抗を感じるという日本の文化が関係しています。ただ飼い主としてのニーズは高まっているので、仕事にするためには十分な知識、経験、社会人としてのマナーをもとに飼い主さんとの信頼関係構築を大切に考えておく必要があるでしょう。

関連ページ

  1. ブリーダー

    子犬の繁殖 ブリーダーになるには?

  2. 動物取扱業取得

    動物取扱責任者を取得するためには?

  3. 老犬介護士

    老犬のお世話をする老犬介護士になるには?

  4. トリマー

    ペットの美容師 トリマーになるには?

  5. 獣医師になるために。

    ペットの命を守る獣医師になるには?

  6. ペット業界にはどんな求人の仕事があるの?