動物取扱業取得

動物取扱責任者を取得するためには?

動物取扱責任者を取得するためには?

動物取扱責任者とは、動物に関する仕事を開業するうえで設置が必須となる有資格者の事です。動物を扱うという特殊な仕事に従事するうえで必須となる資格、経験を持っていることを証明するための制度ですから、開業にあたっては必ず取得し、正しい手順を踏むことが必要です。

取得要件は自治体によって異なります

動物取扱責任者という制度は、動物に関する仕事を開業するにあたって、自治体から「動物取扱業」の許認可を得るために必須となる資格です。
この制度は、各自治体によって要件が定められています。
東京都の場合、必須となる要件は
1 次に掲げる3つの要件のいずれかに該当すること
・営もうとする第一種動物取扱業の種別ごとに半年以上の実務経験があること。
・営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術について一年間以上教育する学校法人その他の教育機関を卒業していること。
・公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること。

2 動物取扱責任者研修の受講歴があること(受講歴がない場合は、申請前に受講が可能です。)
3 東京都の定める禁止要件に当てはまらないこと
です。
この要件を満たしたうえで、さらに販売、管理、保管、訓練などどのような分野で開業をするのかによって必要となる要件が追加されます。

開業予定地域の自治体に事前に確認をしましょう

動物取扱責任者の資格を取得するための要件は各自治体によって異なります。開業にあたっての許認可は、開業予定地域で取得する必要があるので、事前に自治体に要件を確認しましょう。

動物取扱業の取得は法律で定められた義務です

これまでペット業界での開業にあたっては、法的な規制がなく、無資格、未経験でも誰でも開業が可能な状態にありました。そのため様々な社会問題が多発し、飼育放棄や殺処分の問題、中には購入者である飼い主が一方的な不利益を得るという事態も少なくありませんでした。
このような問題を解消し、より健全なペット業界に生まれ変わるために動物取扱責任者、動物取扱業の許認可制度が制定されました。
その為、すでに開業をしている、十分な経験があるという場合でも皆同様にこの制度、資格の取得が必要となっています。
この制度はまだまだ完全実施には至っていませんが、今後さらなる問題を発生させないためにも必ず取得をすること、正規許認可取得者とのみ業務を行う事を心がけることが大切です。

関連ページ

  1. トリマー

    ペットの美容師 トリマーになるには?

  2. ブリーダー

    子犬の繁殖 ブリーダーになるには?

  3. ワンちゃんのお預かりペットシッターになるには?

  4. 老犬介護士

    老犬のお世話をする老犬介護士になるには?

  5. 獣医師になるために。

    ペットの命を守る獣医師になるには?

  6. ペット業界にはどんな求人の仕事があるの?