ブリーダー

子犬の繁殖 ブリーダーになるには?

子犬の繁殖 ブリーダーになるには?

ブリーダーという職業はペット業界に関するニュースや話題で常に賛否両論のある職業です。ただ秀でた血統を存続させたい、種の特性を維持させたい、計画的な繁殖を続けたいなどしっかりとした意思、目的がある場合にはとてもやりがいのある職業ともいえる分野です。

経験者の元で実務経験を積むことが必要

ペットブリーダーという職業は、仕事として始めるにも、自宅で飼育するために繁殖をさせる場合でも、教科書となりうる資料やマニュアルが確立されていない分野です。そのためすでに開業し、経験、実績のあるブリーダーの元で様々な経験をさせてもらう事でその知識、手法を受け継ぐこと仕事にするための最も理想的な方法といえるでしょう。

専門学校や通信講座で繁殖に関する講義や認定資格制度も誕生していますが、あくまでも基礎的な知識の習得に限定されています。
繁殖は犬の健康状態、遺伝的傾向、年齢、生活環境など様々な要素が関係するとてもデリケートで難しい仕事です。
安易で無計画な繁殖は決して行わずに、まずは見習いとして実務経験を積むことから始めましょう。

開業には自治体への届け出と許認可を得ることが必須

ブリーダーという職業は、繁殖した犬を販売することで収益を上げる職業です。この販売にあたっては、開業前に自治体に届け出をし、開業許可を得ることが法律で義務付けられています。
この許認可を「動物取扱業」といい、この許認可を取得していない場合多くのペットショップ、仲介サイトでは取引を行わないことが通例となっています。
許認可を得るためには、それぞれの自治体の定めた要件があり、資格、経験、設備など様々な内容で審査がされます。その為、開業にあたって犬猫を入手し、交配を行う前にまずは自治体の許認可取得を終えておくことが必要です。

繁殖前に販売、譲渡先を開拓しておく

ブリーダーという職業は子犬、子猫の販売を主として仕事をします。つまり販売契約が成立しなければ収益は生まれず、経費だけで赤字になってしまいます。
子犬、子猫の販売時期は生後2か月~半年ほどの短い期間に集中して行われています。そのため、事前に販売先となるペットショップ、インターネットサイト、個人との交流、契約をもっておく必要があります。ペットショップやインターネットサイトはそれぞれの規約、基準を設けているので、合致しない場合は飼育環境の整備、健康管理の改善などが必要になり、それなりの期間も要するので、繁殖を手掛ける前に事前に販路を確保しておきましょう。

様々なことを検討したうえで仕事にする

ブリーダーという職業は、犬猫が好きという安易な考えから繁殖を手掛けてしまう事があり、社会問題化されている一面もあります。仕事にしたい、開業を目指したいという場合はまず経験者から業界の実情をしっかりとヒアリングしたうえで検討をしましょう。

関連ページ

  1. トリマー

    ペットの美容師 トリマーになるには?

  2. 獣医師になるために。

    ペットの命を守る獣医師になるには?

  3. ペット業界にはどんな求人の仕事があるの?

  4. 老犬介護士

    老犬のお世話をする老犬介護士になるには?

  5. 動物取扱業取得

    動物取扱責任者を取得するためには?

  6. ワンちゃんのお預かりペットシッターになるには?